楽しく水彩画を描いています☆
Admin | Write
『一枚の絵』8月号を買って見ると
また、原寸大のお手本が付いていました。

先月号の小野月世先生の絵を模写して
非常に勉強になりましたので、
また、模写に挑戦です!!



↑↑ いきなり、私の模写です。すみません (^_^;)


王軍先生の絵は
私も大好きで、
以前にも模写してみたことがあるんですが、
全然描けなかった苦い思い出だけが残っています。

描き方があまりにも変わっていて
当時びっくりの連続でした。





同じ失敗を繰り返したくないので
解説をよく読みます。
う~~ん、
とにかく描いてみないとね。。。



まず、画材から



紙はモンバルキャンソン
以前はよく使っていました。
この紙でウエット・イン・ウエットで描くなんて!?と、
思いますが、
紙の裏面も濡らすので
乾くのを遅らせることが出来るんですね。

表面も濡らしてから制作に入ります。
絵の具の侵入してほしくない所は
ティッシュで水分を取っておくのですが
それでもやっぱり滲んできてしまいます。
最初からつまづく始末。
手強いです。

筆は主にリス毛の柔らかい平筆を使うのだそうです。
私は手持ちの平筆で挑戦。
そして
斜めカットのナイロンの平筆も使います。
これが独特の計算外のタッチになって
良い感じになるのです。

湿った紙に描くと
筆のエッジが微かにボケて
快感なのですよ~(^^♪

絵の具はホルベイン。
使う絵の具は全部用意することが出来ました。

緑や黒っぽい色は混色で作るんですね~
普段使わない色が試せて面白かったです。


さて、お待たせしました!!
先生のお手本は、、、



写りが悪くてす。すみません。『新緑の頃(白馬)』


貫禄が違いますね~(*´▽`*) 素敵です。







『一枚の絵』8月号には
日曜画家コンクールの結果が載っていて
私の作品も小さく載っています(^^)/
小さくて良かった~~悪いところが目立たない(^_^;)




来年も挑戦してみるつもりです(^_^)/








にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[8回]

最近は人物がダメダメな私。
でも、意欲は満々なんです。

そんな時、良い課題を見つけたので
模写してみました~~(^^)



へへへ(^^)
これだけ見ると
なかなかイケてる感じで
私にとっては大変良くできたと思うのですが、
見本が凄すぎるので、、、

さて一体誰の模写なのでしょうか・・・?








正解は、、、

小野月世先生!!でございます。








『一枚の絵』 7月号の付録が
なんと、原寸大お手本



そして
ちゃんと手順まで丁寧に
載せてくれています



これは描かずにはいられません。

小野月世先生というと
大胆であっさりとした最小限の筆遣いと
美しい色使い。
というの私のイメージでした。

ところが模写してみると
なんて繊細なんだろうと思いました。
バックは何気なくただぼかしてあるように見えるのですが
最初から計算されていたのでしょうか?
ドラマチックに子供を引き立てています。
そして、何でしょう?この画面全体から出ている気品、美しさ
もう、凄すぎます!!

そんな先生のお手本は↓↓



印刷したものを
さらに写真に撮っているので画像としてはとても悪いはずで、
原画はどれほど素晴らしいのだろうなどと思いながら
載せていただきます。


描いている途中は
先生の絵と並べて撮影しようかなんて思ったのですが
とんでもないです。

恥ずかしくてできません、、、(-_-)














にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[5回]

教室の課題が模写でしたので
本を参考に下絵を描き、

その日は用事があったので早退し、
家で完成しました。



(ミルクとガラス器 F4) 



普段はどうしてもバックが後回しになってしまいます。
先に描いたらどうなるかしら?と思い、
そのトレーニングのつもりで描いてみました。



参考の本です(本の中の絵は途中の段階で完成ではありません)


(水彩手順トレーニング 笠井一男著)


本ではオレンジ色のところを
私は水色と薄いマゼンダで描いてみました。

こうして比べてみると
本の絵は自由で思い切りが良い!気持ちいいですね。

そして、質感を表すのは
意外と色はどうでもよく
トーン(明暗)が大切なんだと解ります。

私の絵も
ガラス器の中にミルクが感じられるでしょうか?






さて、私は等迦展、次の絵を描く前に、、、
額を制作しました。

まず、材料を買って(これが一番大事!)
サイズに問題は無いか確認のため並べてみます。





角の、憧れの45度カットは諦めました。


次に、着色⇒接着⇒さらに着色

そして額装!同時に組み立てです♪



こんな風になりました。
色は白木の方が良かったような、、、(^_^;)


今回はアクリルなしで展示予定ですが
アクリル入りにも対応できます。

この額は棒状で収納できるように
パネルに直接、もくねじで取り付けます。

なので角の45度カットは綺麗に合わせる自信が無く止めました。



これが良いのか悪いのか?
使いまわしはどれくらい出来るのか?
ぜんぜん解りませんが、、、

安くて軽い!それだけは利点です。




今度こそ本当に作品に2作目に取り組もうと思います(^_^;)




















にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[6回]

先日の教室は模写でした。

私は親愛なる水彩画家(勝手にそう思っています)、笠井一男さんの
『水彩風景プロの手順』という本をお手本に描いてみようと、
勢い込んで出かけました。

すると、ああ!私の勘違い。

お題はちょっと違っていて
『名画から学ぶ、人物模写』

人物だったのね~~(^_^;)
名画には違いないと、強引に水辺の絵を描くことにしました。





笠井一男先生は
過去2回ほど
単発で講習に参加させていただいています。
(また、受けたい!でも、なかなか日程が合わず、、、)

その時、いくつか原画を見せていただくのですが
カッコイイ!!
もう、感動します。

そしてとっても綺麗。
本で見るより断然綺麗!
生々しい鮮やかさでは無くて
水彩の輝くような美しさです。。
笠井先生の絵は
グレイだって美しい。

どうして?はて?

水彩は最初のひと塗りが一番美しい。
その一番美しいファーストウォッシュを
効果的に上手く残しているからでしょうか?



ああ、ファーストウォッシュ!
もっと大事に
変化を付けて描きたかった ↓↓

 

ラングトン F6






おもしろい葉書を頂きました。

なんと、柿が
ポニーテールをしている女の子に見えるではありませんか!!

あまりに可愛いので
玄関に飾っております。



「いってきま~す」と言いながら
この葉書を見ると
ホッと和み、癒されます♪






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[5回]

少し前に行った展覧会で買い求めた本です。



画集というだけでなく、
大好きな作家さんたちの
道具や技まで載っている
私からすると
よだれが出そうなぐらい魅力的な本ですが、
サインなんかも
貰っちゃったものですから
もう、
お宝になってしまっています♪

ところで
私は雑誌や新聞のパズルを見ると
出来もしないのに必ず挑戦をしたくなる性格です (^_^;)

この本にも「挑戦してください!」と言わんばかりに
描き方の手順なんかが載っています。

それが憧れの先生ばかり

「ハイ、頑張ります!!」となるのは当然なのです。

手始めに
憧れの、あべとしゆき先生 (*^_^*)

この技、ぜひとも盗みたい!!




がんばって、頑張って描いたんですけどね~
こうして見るとまだ全然足りない所ばかりですね。

本を見ていると頭の中では
描けるつもりになってしまうけれど
こうして実際に描いてみると、
出来ないことばかりです。

少し落ち込みますが、
もっと、大切な大きな宝物を頂いたような気分になりました。


F4 ウォーターフォード






~・~・~・~・~・~



先日、嬉しいメールを頂きました。
  私の絵を飾っていただいている写真です。





こうして居場所を貰っているなんて夢のようです。
ありがとうございます。




このように、ただ今、
ブログ掲載の絵をプレゼントをするキャンペーンをしております。
たくさんの応募をお待ちしております!!

詳しくは⇒コチラです
















にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[2回]

■ 横浜赤レンガ倉庫に
JWS(日本透明水彩会展)に行ってきました。



水彩画家の方が、29人も一堂に会して
開催される展覧会。(14日に終了しました)

みなさん、私の憧れの方ばかりで
これは絶対に行きたい!!ということで
思い切って出かけてきました。

ネットの画像だけでは分からない
色合いとか、紙の質感とか、
実際に目にすることが出きて感激でした。

「本当に描いているんだなあ~」なんちゃって(^^;


そして、帰りに少し話をさせていただいたのは
なんと、あの、憧れの『青木美和』さんでした。

とても気さくな感じの方でしたが、私の中では「大先生」です。

人見知りの上、あがり症の私は、
いったい何を話したのでしょうか???舞い上がっていました~

今思うと、握手してもらえばよかった~とか
サイン貰えばよかった~とか
でも、葉書もなかったし、、解っていれば『本』を持って行ったのに!

でも、お会いできて
少しお話させていただいて
本当に良かった!!

一緒に付き合ってくださったSさんに感謝です。





ということで

今日の絵は
青木美和先生の本を見て
ずいぶん前に私が練習で描いたものです~












■ ところで
地方銀行に
『中京銀行』というのがあるのですが
この2008年のカレンダーのイラストを
青木美和さんが担当していました。


ちらっと12月だけ



(画像クリックで拡大します)

とても小さいですが
すてきな絵がしかも風景画が12枚も見られる
私にとっては贅沢なカレンダーです。
会社に貼ってあったもので、落書きだらけでしたが
お願いして頂いてしまいました。

私の宝物です。









 忘れる所でした!
おかげさまで
このブログが5歳の誕生日を迎えました。


訪れてくださる皆様に感謝、感謝。
これからも続けていきたいと思いますので
よろしくお願い申し上げます。







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[7回]

あべとしゆき先生の光り輝く緑はドラマチックで素敵すぎる。

どのように描いているのか?

本の描法プロセスに従って
出来るだけ忠実に再現してみる。

とにかくマスキングインクの使い方は
絶対に知りたいところです。



杉林の木漏れ日の模写


う~ん、葉っぱに見えますように、、、。

手順だけはなんとか分かったつもりになりましたが、
どうにも『キレ』がないなあ~








にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[3回]

EXHIBITION
私が参加する絵画展はここでお知らせします
注目絵画展
名古屋周辺の楽しみな展覧会をここで紹介しています
日々思う小さなこと
猫のダイエット(猫の反撃) 餌を41gにしても、穏やかな日々。と、この前書いたはずでした。ところがその直後から猫の猛反撃が始まりました。「餌が欲しいよお~」と言う「ガー」の嵐です。足元にまつわりつき餌の場所へと誘導しようと分かりやすい行動をとってくれます。それがもう、餌の2時間前から始まるのです。困りました。ところが昼の餌の時間は猫自体が忘れているよう?そうなれば朝夕の食事の量を増やしお昼は無しに。飼い主としても自由度が高くなり楽になりました。
それでも2時間前からそわそわし、きっちり1時間前になるともう餌が欲しいの「ガー」が始まります。こちらも耐えられるのはせいぜい30分、いつの間にか30分早くなり、1時間、2時間と今では2時間半早くなってしまいました。夜は良いけど朝は3時半に起こされる、、、!これは脅威です。今日は獣医さんへ行き混合ワクチンの注射をしてきました。なんと900gのダイエットに成功!褒められました。あと半年この調子て続けて下さいとのこと。はあ~
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 9 10 12 13 14
16 17 18 20 21
22 24 25 26 28
29 30 31
ブログ村情報
最新コメント
[03/28 yumi]
[03/28 NORI、]
[03/28 yumi]
[03/28 yumi]
[03/28 みずゑ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
フリーエリア2

Designed by