やっぱり!水彩画

楽しく水彩画を描いています☆

   

普通の水田

この前の旅行から1枚

旅の最後、空港のレストランから見えた窓の景色です。(^^♪


F4


観光地もそれはそれで素敵なんですが、
私が特にいいと思ったのは
こんな普通の景色。
普通といっても
私の住んでいる地域とは全然違う景色です。
山があって
林があって
こんな景色に憧れます(*´ω`)















拍手[4回]

水彩画展2件

少し、お休みをいただいて
気ままな旅行に行ってきました~(*´ω`)
スケッチなしの
ただただ、のんびりする旅になりました。



季節も良くて
可愛い田舎の景色を堪能してきました。






アップする絵もないので
今日は、気になる水彩画展を2件紹介します。





(画像クリックで拡大します)



どちらも
ベテラン水彩画家ですので
見ごたえがあると思います!!
私も楽しみにしています♪



 等迦会選抜展終わりました。
絵はアップ済みですが、
色合いが多少違いましたのでもう一度アップしておきます。


F10 合掌造りと水車小屋 アルシュ 6月の教室展にも出す予定でいます


これはデジカメで撮った画像ですが、
前の絵はスマホ
色はデジカメの方が近いのだけれど
スマホの画像の方が気に入っている
ということは???と考えると
納得いかない私です。
カメラのせいにしてはいけませんね(^_^;)











拍手[5回]

紫陽花など

母の日のプレゼントを頂いてしまいました。
良くできた息子だ。。。
いや、良くできた嫁さんだ( ;∀;)

紫陽花の鉢を頂いたので
この前、加藤喜久美先生に見せていただいた
デモのように描きたいなあ~と思いました。



影がバックに溶け込むように描きたかったのですが、
花(本当はガク)だけ浮いてしまった~~~(;´・ω・)



DMが出来上がってきました。
出来上がってみるとちょっとイメージと違ったかな???


こんな感じ(*´ω`)
Word で作って、pdf に変換して入稿して
出来ました~~嬉しい
文字をもっと大きくすればよかったなあ~とか
色の出がちょっと違うなあと思いますが、
まあまあ出来たんじゃないかな(^^♪

で、ここで告知

(画像はクリックで拡大します)



まだ、先ですが、よろしくです。
ちなみに切手の部分の絵は
私の絵です~~ムフフ



個人的に気になる展覧会を発見してしまいました!!
お知らせします。

 
画像はホームページからお借りしました

メンバーが凄いので
とても気になっています。

山手画廊

拍手[3回]

アイリスと小菊

教室で花の絵を描きました。

マスキングインクも
白の絵の具も持っていなかったので
ガラスのピカッと光った感じも
白い花も上手く描けません。(-_-;)
持ち帰って
カスミソウの白をガッシュで入れて
完成としました。


F6 ウォーターフォードホワイト





小菊と
カスミソウと
何だろう?
この紫の花は?
まだ、開きかけの様子で
花全体の形が分かりません。

カキツバタじゃないことは
解るんだけど、、、とAさん。

これはショウブじゃないですね~
だから、アヤメかな?とBさん。

アヤメなら独特の模様があるはず
しかも葉の形が全然違う。。。と私は言いたい!
ケド、自信がない。。。トホホ

と、言うことで
花屋さんにあった、アヤメ科の何かの植物ですね。。。
で、アイリスってどんな花???




解りません。









拍手[6回]

ただ今、制作中

前にアップした
鉛筆画をもとに
F6で制作中です。

 

まだ途中です(^_^;)

あまり綺麗じゃないなあ~と
ちょっとがっかり

紙が濡れている間に
触り過ぎたかな~

今回は湿っている間にいろいろやりたくて
裏にも水を入れたのが失敗だったかな~~

これから、マスキングを外し、
さらに微調整をしたら出来上がりです。

どうなりますか?













拍手[6回]

ただ今、構想中

また、緑ばかりの絵を描こうとしています(^_^;)






緑は得意ですね!とよく言われますが
「ぜんぜん」なんです。
描くたびに悩みが増えていくんです。
どうしてかな???



加藤喜久美先生の展覧会に行ってきました。

会場の入った途端、
美しい絵が飛び込んできて
すべてが華やいでいるように感じました。

素晴らしかったです!!




デモも拝見させていただきました。

解説を交えながら
ゆったりとした雰囲気の中で
じっくりと拝見することが出来て
とても良かったです。

こんな技があったのかーなんて
感動してしまいました。

使われている筆やパレットや紙が見れるのは
私のひそかな楽しみです。
絵の具はどうでもいいと思っていたのですが
やはり、美しい絵を描く人は違いますね。
拘りがありました。
影響を受けやすい私はすぐさま
先生と同じ絵の具を購入しようとしたんですが
見事に売れ切れでした。
影響力強すぎです(^^ゞ



加藤喜久美展
5月3日まで
ギャラリーチカシン












拍手[2回]

水車小屋の謎

合掌造りと水車小屋の絵は
水車小屋を少し直そうとしたのですが
上手くいかず、、、
というか
酷くなる一方でしたので
面倒になってしまって、
とっとと、額装して、発送まで一気に済ましてしまいました。
やれやれ。

------------------------------

ところで
昨日は、ある展覧会に行って
同じ場所の水車小屋の絵に出会って
ついつい見入ってしまいました。
それは今とは違う古い水車小屋でした。

作者の方のお話も聞いて
水車小屋が壊れて
放置されて
寄付などがあって
改築。今の状態になったことなどを
お聞きしました。

そういえば古い水車小屋
同じ場所を
私も描いていました~



2011/6/14

確か壁を黒く塗ったのですが、
一部、白っぽくなっていたように思います。
今思うと傷んでいたんですね~

この古い水車は
実際に働いていて
小屋の中では
米が搗かれていて、
小屋の中を見学もできたのだそうです。

『米をつく』懐かしい言葉です
確か、精米するという意味ですよね~
へえ~どういうシステムなんでしょう??急に興味が出てきました。

ところが、今は
水車は動いてはいるけれど、、、



小屋とつながっていないのです。
これでは仕事が出来ません。
そして、壁の側面だけが新しくなっていること、
真ん中に有ったはずの窓と、広すぎる石垣の土台を
考えあわせると、、、

小屋の右側3分の1が無くなっている!( ゚Д゚) と気付きました!!
こんな風になってしまったんですね。
評判がイマイチなのも納得してしまいました。
まあ、仕方がないことなんですけど。


------------------------------------


現在、私はあわただしく
次の教室展のDM制作に追われております。
なぜか、印刷物は得意だと勘違いされてしまったらしい。

他の会員さんの絵を使わせていただくのですが、
役得なので、私の絵も
チョイっと載せちゃおうかな~~(^^ゞ

ネットで印刷依頼が
ワードでも出来そうなので
頑張ってみよう~!!と張り切って挑んだんですが、
私はワードなんて
年に1度、文字打つ程度しか使わない
こいつ、手強い!!どうしよう。。。(^_^;)







拍手[5回]

EXHIBITION

私が参加する展覧会をお知らせします
第37回日旺水彩画展 2017/6/27~7/2 名古屋市民ギャラリー栄 7F

注目絵画展

地元名古屋近郊の気になる絵画展をここでお知らせします。
■堀川散策・水彩画3人展(大久保義男・古川常夫・伊藤英生) 5/30~6/18 名古屋納屋橋堀川ギャラリー ■長谷川和男 水彩画展 6/22~28 ギャラリーチカシン

日々思う小さなこと

日曜日、真夏日になるという天気の中、『山の会』の展覧会を見に行きました。地下鉄『桜山駅』から徒歩で、汗だくになった頃に画廊に到着。「散歩の途中ですか?」と、お洒落なマダムのようなオーナー(?)に招き入れられました。「えー、まー。」と曖昧に返事をすると「いいんですのよ、どうぞ見てやってください。皆さん30代の若手ですが、有望な実力者さんですのよ。」と歌うように話ます。 「素晴らしいですね。」というと、「この会も今回でもう8回目で、皆、育ってくれました。」「私、この方のファンなんです、人物も素敵ですよね」「そうです、去年までは人物を出されていましたね、ケンタ君も頑張ってくれていますね」
若いと言っても、日展の巡回展でおなじみの『大先生』です。私からすると雲の上の存在。その方を『君付け』で呼ぶオーナー、密かに笑いがこみあげてくる。画家というのはどこへ行っても先生、先生と持ち上げられるのかと思いきや、まるで、生徒のように扱われている。微笑ましい光景だなあなんて思ってしまった。帰りは戻らず『八事駅』まで歩く。あーそれにしても暑かった!!

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 6
7 8 10 11 12
14 15 16 17 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ村情報

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

フリーエリア2

Copyright ©  -- やっぱり!水彩画 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /