楽しく水彩画を描いています☆
Admin | Write
前回の『水筆ペンスケッチ展』の続きです。
今回はのりづきとしお先生編です。

のりづき先生はとにかく絵が上手すぎる!
遠くから見たら、
ものすごく精密画だ!と思って近づいてみたら
全然ラフに描いてあったり(@_@)
写実的だと思ったら、デザイン的だったり
好きなものに対してはとことん追求する気持ちが現れて
絵になってしまう。センスが良すぎるんでしょうね。
比べて私なんて凡人だ!と
あらためて思い知らされてしまう、、、(;´・ω・)
まあ、そんなことはどうでもいいのですが、、、

で、話は戻って、
のりづき先生の画材は本当にシンプル。
水彩絵の具(鈴筆ペン)と
黒鉛筆』です。

『黒鉛筆』って何ですか?ですよね。
赤鉛筆の黒バージョンと言えば話は早いです。
要するに色鉛筆の黒色です。

普通の鉛筆は水彩の水に溶けて、色が濁ってしまいます。
でも、色鉛筆は水に溶けないので色が奇麗なままです。
クレヨンやダーマトグラフのようにハジキ過ぎることもなく水彩になじんでくれるのです。

そこで私も黒鉛筆と水筆ペンで
岐阜県岩村の写真を見ながら『なんちゃってスケッチ』です。



黒鉛筆は、水彩となじみますね!
サインペンのように自己主張しない割に
普通の鉛筆より絵が締まって見えます(^^)


つい最近まで色鉛筆は家の中に大量にあったのですが、
使うイメージが全くなかったので、全部捨ててしまった!!

今回、文房具屋で黒鉛筆を税込み64円で購入。リーズナブル!と感動。
紙、絵の具、筆、知らないうちに値段が高くても購入していた
高い画材を使うと良い絵が描ける気になっていた。
ところが、
のりづき先生曰く、
 子供用だから良いの
  ・値段が良心的
  ・安全性にも気を使っている
  ・子供の弱い筆圧でもちゃんと描けること

これは企業意識の問題だと思うのですが、
子供にとって良心的に作られたものなら大人にだって悪いわけがない!はず(・ω・)ノ

画材の値段は本当にピンキリ
判断は自分で実際に試してみることが大事ですね。














にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[6回]

先週の話になりますが、

のりづきとしお先生と井出典子先生の
『水筆ペンスケッチ展』というのを見てまいりました。

お二人の画力にまず感動して
これが全部スケッチでしかも水筆ペンで描いてあることにビックリでした。

ここでなぜ『水筆ペン』なのか?
それは典子先生のデモを拝見した時に
説明がありました。

近頃ではスケッチ出来る場所がどんどん減ってしまっているということ。
原因はマナーの悪さです。
・絵の具で汚れた水をあたりかまわず捨ててしまったり
・洗面所で筆を洗って辺りを汚してしまったり
といった問題が発生しているんだそうです。

そこで水筆ペンの登場です。
水筆ぺんは筆洗器が必要ないのです。
筆の軸を指先で押さえると水が1滴2滴と出てきますので
後はティッシュで筆をぬぐえばきれいになってしまいます。
いつでもどこでも水を気にすることなく
環境を汚すこともなく
水彩を楽しむことが出来ますね。
(補充用の水が必要ですが)

お二人は『水筆ペンスケッチ展』をすることによって
スケッチのマナー向上を目指していたのです。


さて、帰りに画材屋さんで水筆ペンを購入
典子先生は水筆ペンの毛の部分を引っ張って伸ばして使っている!!
こうすると水の含みが良いのですって!本当??(;・∀・)



毛先が5ミリほど伸びるんです↓↓


(これはぺんてるの「みず筆」です)


本当に引っ張って見たら、筆の毛の部分が伸びました!!
ビックリです。
あまり伸びすぎてキャップをはめると
毛先がつかえてしまいます。
ナイロン製なので一度変な癖がつくと直らないので
また、押し込んで元に戻しておきました!!

毛先が傷まないような筆入れに収納すれば
伸びたままでもいいかもしれない。


ついでに典子先生が使っていた
『スケッチペン』の茶色も購入

描き味と色が水彩にちょうどいい。



いかにも子供用のデザインですが
ちゃんと耐水性でしかも1本でいろいろな太さの線が引けれる優れものです。



さて、さっそく水筆ペンとスケッチペンを使って描いてみました。
この前、訪れた岐阜県岩村から





描いてみて分かったことですが
私は絵の具を作りすぎる傾向にあり
これではティッシュを大量に持っていかなければならず
沢山のごみを出してしまう。
すべて持って帰ることになるんだろうなあ~(;´・ω・)
まあ、それぐらいは我慢しなくちゃですね。


それから典子先生のデモで
良いなあ~と思ったのは

小さな可愛いバックに画材をコンパクトに
しかも機能的に収納していたこと
そのバックは何ですが?と聞いたら
化粧ポーチとのこと。

それが一番欲しい~~と思ってしまいました!!
















にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[8回]

本日の教室は野外スケッチでした。

と、その前に
新しいイーゼルを作っちゃいました!!

大げさに発表するほどのものでは無く
カメラの三脚に
ナットを取り付けた板 ↓↓ をセットしただけのものです。



カメラと同じサイズのナットを取り付ければ
三脚にセット出来るハズですね。
そのナットは

六角ナットW1/4
を使いました~

早速スケッチに持っていきましたよ。
この新しいイーゼルは今までの物よりコンパクトにたたむことが出来るので
荷物が一つにまとまり、らくちんに移動できます(^^)



イーゼルにテーブルもセットしてみました。
カラーボードで試しに作ってみたものでまだ試作品です。
安定が悪い(^_^;)

使ってみると何となく不安定で
少々難あり。でもしばらく使てみるつもり(^_^;)




スケッチ場所は
名古屋市の市政資料館
重要文化財で元は裁判所でした。

こんな建物



美しいでしょ(^^)
アングル的にもこの場所から描きたかったのですが
足場が悪くしかも、だんだん日差しが移動してくるので
仕方が無く反対側から描く事にしました~




う~~~ん、
また何時か挑戦したい。。。(^_^;)










にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[4回]

実は、先日のスケッチで問題が発生しておりました。
イーゼルを収納する袋がヨレヨレで今にも破れそうだったのです。
もし、移動中に中身を放出してしまうことがあったら
大変です。早急に『イーゼル入れ』が必要になりました。

でも、それらしい物売っているのかなあ~(´・ω・`)

そこで手作りすべく
イメージ図と簡単な設計図を。



なんとか作れそうです。
ところが重大な問題がありまして、


それは、
我が家には、、
ミシンが無い!!のです。


そういえば20年ほど前、
もう使わないからと言って
捨ててしまった。なんということをしてしまったんだろう。


仕方がないので
新しくミシンを買う事に、
直線しか縫わないので
一番簡単なのを。どうせ良いのを買っても
機械音痴な私は使いこなせない(^_^;)

そして、手芸用品店に行き
布を選んで・・・ファスナーはどうしたらいいのだろう?
なるほど、少し長めのを選んでカットしてもらうんだね。

待ち時間の間にいろいろ物色していると
今選んだ布の端切れが安く売っているではないか!!
(そうか~探す順番があるんだね、今更遅いけど、、)

その他小さな部品を買って準備は整いました。いざ!

その前にミシンの使い方???
取説とにらめっこです。う~~ん( 一一)

試し縫いをしながら、
私って、なんて不器用なんだ~~( ゚Д゚)
と、今更気が付く始末。

作り始めてすぐにもっと簡単で機能的なデザインがあることに気が付き、
しばし悩む。
やっぱり後戻りはできません。

ファスナーの取り付けなんて
ぜんぜん解りません。でも何とかなる物ですね(^_^;)

出来ましたヽ(^o^)丿
ガタガタでかなり情けないのですが、
高級イーゼルバック、いや、高額イーゼルバックです(^_^;)



こんな感じです(^^)

イーゼルだけじゃなくて
直径9センチぐらいの円筒状の水入れも
現在探し中ですが、一緒に入れるとさらに便利(^^)v


拘ったところは、、、



ポケットが付いていて
筆巻きがすっぽりと入っちゃう~(^^)
長いものは長いものと一緒に収納です(^^)


そして




持ち運びは肩にかける想定ですが
蓋の部分にも
取っ手を付けました。これが意外に便利なんです。
それに、上下が良く解るでしょ(^^)

それから、これは後から思いついたのですが、
F20号程度の大きさまでの紙の持ち運びも出来るんです(^^)



こんな感じ。



出来上がったばかりのイーゼルバックを
見ていたら、使いたくなるのは当然で
早速、スケッチに行ってきました~


行先は『蛇池神社』
その昔、信長が大蛇を探したという逸話があります(^^)




桜も満開でしたが
雪柳も綺麗です。



たんぽぽもたくさん咲いていました~(^^)



私のスケッチ
暑くて、日影が無くて、ここまでが限界。



持ち帰って
続きを描きました。


F4 ラングトンプレステージ










にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[8回]

これから、30号を制作しようとして
戻ってきた絵をパネルから剥がして、軽く洗い
新しく紙を貼りました~~(^^)v



こんな画像出してもしょうがないと思いますが、、、
みてくださいよ、
完璧な仕上がり!(≧◇≦)
四隅もバッチリです(≧◇≦)
とはいえ、185グラムの薄口の紙なので
たいしたことないのですが、、、(^_^;)

パレットも絵の具が少なくなって
カリカリ、ボソボソになっていたので
いっその事、新しくしたいなあ~(*´▽`*)

そのためには、もっと厳選された少ない色数にしたい。
せめて18色ぐらい。

私はどんどん色を増やしてしまうのだ
色数を減らそうとすると綺麗な色ばかりそろえてしまいますが
本当に使いやすい色はちょっとくすんだ中間色なんですよね。
こんなこと言ったら、先生と名の付く人から怒られそうですが
ストレスなく楽に描く方が私にとっては大事なような気がしています。
だから減らせない。捨てられない。
そうです私は捨てられない片付けられない女なんです(T_T)

という事で結局ほとんど絵の具を足しただけで
このままのパレットを使うことにしました(^_^;)
少しだけ、入れ替えもしました。



今回こうしてパレットの色を確認していたら、、、
「え~、この色、違う色だった!!」っていう事が2色も( ゚Д゚)
色を追加したときに、違う色を入れたのに
それを忘れてしまって勘違いしたまま使い続けていたのです。
もうビックリです。
それでも描けるんだから、案外どうでもいい事なのかもしれません(^_^;)

今回は忘れることが無いように色見本を作っておきました~(≧◇≦)



トランスルーセントイエロー(W&N)
オリーブグリーン(シュミンケ)
他はすべてホルベイン



しっかり26色、多過ぎと思いつつ
暫く使ってみようと思います。

白と黒はありませんが別に嫌いじゃない、むしろ好きです。
白は、必要な時チューブから出します。
黒は今の私の描き方だと必要ないと思っています。



※覚え

(削除した色)
パーマネントバイオレット
フタロブルーイエローシェード
プルシャンブルー

(復活した色)
ミネラルバイオレット
ウルトラマリンライト
ピーコックブルー

(新しく追加した色)
マンガニーズブルーノーバ

(少し前に追加してまだ使いきれていない色)
ピロールレット
キナクリドンバイオレット
バンダイキブラウン







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[3回]

教室展の最中にも
教室はありまして、

あまり時間は無かったので小さな紙に
簡単に(^^ゞ


320×240 ムーラン・ドゥ・ロワ 荒目


なんだかつまらない絵を描いてしまった(+_+)


ムーラン・ドゥ・ロワ水彩紙は
去年の夏ごろ突然店頭に大量に並びだした商品で、
この頃はちょっと落ち着いてきた感じです。



コットン100パーセント 300グラムなのに
割とリーズナブル!!という事で
私も購入し、1度使ってみて・・・『はは~ん』、と思って
すっかり使わなくなってしまった。

その理由は何だったのか?あれ~~思い出せない??(´・ω・`)


私が買ったのは
ブロックタイプと思いきやパットタイプでした~

パットタイプというのは
1片だけ糊綴じしてあるものです。
ブロックタイプ(4方のり固め)もあるんですが
間違えて買ってしまったようです。
まあ、これは良いんです。



そして、中目と荒目迷ったのですが
荒目を買いました。

紙を見て笑っちゃいました。
むちゃむちゃ粗い!!
凸凹がすごく大きいのです(^^)
これも良いのです。
ドライブラシなんか面白い感じになるかもしれません(^^)

ぼかしも滲みも上手くできたと思います。
マスキングも少し使ってみましたが、大丈夫でした。

問題は
乾いた後に発覚して、あっそうだった!と、思い出しました~
いきなり濃い色を使ったのがいけなかったのかなあ~




暗いバックに白い粉が付いたように
白が残るんです。

どうしてこういう風になるのでしょうか
絵の具と紙の間に気泡の様なものが出来てしまうのかなあ~?
中目ならこんな風にならないのかなあ~?
薄い色や重ね塗りしたところは問題ないので
上手に付き合えば、大丈夫なような気がします。
でも、そんなに頑張ってこの紙と付き合う事は無いかな~
なん~て思ってしまいました。(^_^;)







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[4回]

6月、初めに梅雨入りしたはずの名古屋ですが、
今日も爽やかな青空が広がっています。

この部屋の湿度は28パーセント。
なぜか時々静電気の被害にパチパチ刺激を受けながら
生活しております。

そんな中
やっと、この日がやってまいりました。
ハーネミューレ・セザンヌを使う日が来たーーーーー!!のです
どんなに楽しみにしていたことか!!(*´ω`*)
だって、アルシュと比べても何の遜色もないとの好評価です。
実は、ずいぶん前、調べたら去年の8月に
すでにこの紙を購入していたのですよ。ハハハ ('◇')ゞ


ハーネミューレ・セザンヌ 中目


実は、先月、中村愛さんのデモを見学したとき、
ハーネミューレ・セザンヌのサンプル紙を頂いて
会場で試し書きをするチャンスがあったんです。

それがこちら



↑↑セザンヌ(サンプル紙)荒目



↑↑セザンヌ(サンプル紙)中目

 
こんなん見せてもーと思いますが、
綺麗な発色とぼかしでしょ!
ますます期待が膨らみますね(*´▽`*)


~~~~~~~~


前置きが長くなりました。
で、完成作品がこちら~~~(^_^;)

思ったより、絵の具が広がらなくて
ぼかしが上手くいきませんでした。




セザンヌ 中目  白昼夢(白い菖蒲)


先に頂いたサンプル紙と
ちょっと違う紙のような気がして仕方がないのですが、、、(;´・ω・)


思い直してもう一枚!!
タップリ濡らして絵の具を垂らし込んでいきました~~~



セザンヌ・中目


やっぱり、上手くぼかしが出来ず、
変なシミが出来ていますが、

それを除けば
別に問題はなくきれいな絵が描けます。
マスキング液も問題なく使えます。






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[4回]

EXHIBITION
私が参加する絵画展はここでお知らせします
注目絵画展
名古屋周辺の楽しみな展覧会をここで紹介しています
日々思う小さなこと
猫のダイエット(猫の反撃) 餌を41gにしても、穏やかな日々。と、この前書いたはずでした。ところがその直後から猫の猛反撃が始まりました。「餌が欲しいよお~」と言う「ガー」の嵐です。足元にまつわりつき餌の場所へと誘導しようと分かりやすい行動をとってくれます。それがもう、餌の2時間前から始まるのです。困りました。ところが昼の餌の時間は猫自体が忘れているよう?そうなれば朝夕の食事の量を増やしお昼は無しに。飼い主としても自由度が高くなり楽になりました。
それでも2時間前からそわそわし、きっちり1時間前になるともう餌が欲しいの「ガー」が始まります。こちらも耐えられるのはせいぜい30分、いつの間にか30分早くなり、1時間、2時間と今では2時間半早くなってしまいました。夜は良いけど朝は3時半に起こされる、、、!これは脅威です。今日は獣医さんへ行き混合ワクチンの注射をしてきました。なんと900gのダイエットに成功!褒められました。あと半年この調子て続けて下さいとのこと。はあ~
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 9 10 12 13 14
16 17 18 20 21
22 24 25 26 28
29 30 31
ブログ村情報
最新コメント
[03/28 yumi]
[03/28 NORI、]
[03/28 yumi]
[03/28 yumi]
[03/28 みずゑ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
フリーエリア2

Designed by