やっぱり!水彩画

楽しく水彩画を描いています☆

   

亀崎教室思い出の1回目

 スケッチ倶楽部「終着駅」教室展 & 亀崎敏郎水彩画展が
まじかに迫ってきましたので
スペシャル企画としまして、
私が教室で描いてきた絵などを
恥ずかしながら
紹介したいと思います。(ほんとに恥ずかしい。。。)


初めて亀崎敏郎先生の個展に行ったときは
懐かしくて暖かい雰囲気が素敵だなあと思いました。

2度目に個展に行ったときには
先生の描く建物の正確さに
驚きました。

あまり時間を描けていないように見えるのですが
どうやって描いているのだろう?

という訳で
今年1月から月に2度ほどのペースで
仕事をズル休みして
ワークショップに参加するようになりました。

途中、先生は、世界一周のクルーズに旅立たれて
お休みがあったので

通算約3か月、今まで6回通ったことになります。

前置きが長くなりましたが
今日はその第一回目


分かっていても、描けません!
    いったい何が悪いのかしら???の巻


先生は下書きデッサンから、
デモンストレーションを交えながら
教えてくださいます。

そこが私も気に入っているんです。

まず紙にアイレベル(目の高さ)の位置を決め1本の水平線を引きます。
その線上にある消失点が決まると、そこから絵がスタートします。

課題のモチーフは
中央正面がメインの建物ですが

建物を外側から見て描くというより、
設計図が頭に入っているかのように
構造をきちんと押さえていく感じ。
そして
あっという間に形になっていく。

フリーハンドの鉛筆の線が
綺麗で正確で、まっすぐで
どうしたらあんな風に描けるものでしょうか?


私も悪戦苦闘しながら描きました。
出来た絵がこれです。




何処かの駅舎(どこか聞いたのですが忘れてしまいました)
と商店街。


すべてが情けないのですが、
特に許せないのは~、、、あれ~~傾いてる
描きあがるまで全く気が付かなかった。
ショックです!!

どうしてこうなったのでしょうね。

普段、使い慣れないテーブルの高さのせいでしょうか?
それよりも
お医者様からお墨付き(?)を頂いた
姿勢の悪さが根本的な問題だと思います。


何とも情けないので
家に帰ってから
いつものアイロン台の上で
復讐しました。

で、出来たのがこれです。





あれ~
また傾いてしまった。
気を付けて描いたのに~
(机の高さは関係なかったですね)

しかも商店街の左の家が
申し訳ないぐらいに
あり得ない方向に傾いている。
どうして???

こうなったら、
認めるしかありません。
普通に描いたら
私は傾くんだ!!
ということ。

これも大事な発見(^^ゞ

ちょっとショックな第一回目の教室なのでありました。


拍手[4回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

飽くなき追求

  • by みの
  • 2014/08/08(Fri)10:14
  • Edit
yumiさん あれだけ素敵な建物入りの風景画を描けるyumiさんがなおかつ勉強されるとは! 飽くなき追求の姿勢に感心するばかりです
縦横真っ直ぐな線を定規を当てずに描けるのでしょうか? yumiさんのデッサンを見ても少しも歪んでいません 又傾きですが二度目の絵などどこが傾いているのか私には分かりません それでもyumiさんは満足出来ないのでしょう 完璧を望まれるからですね どんなに上手くなってもなお研究を続ける、その姿勢を見習はねば! 

タダの憧れだと思います

  • by yumi
  • 2014/08/08(Fri)22:19
  • Edit
みのさん、最近の私の風景画は亀崎先生の影響でとても変わりました!!と言っても、人から見たら、ほんの少しの進歩なのだと思います。
私は憧れの水彩画家に出会うと、どうしても描き方が知りたくなります。また、絵に対する考え方などに触れると、技術以上に大きな宝物を頂いたような気になるんです。だから、デモを見るのは止められません。
鉛筆は文字を書くものだと思っていたのですが、線を引く道具だったのですねえ~(^^ゞ 先生は縦横斜めにまっすぐな線を引きます。凄いです。同じ道具だとは思えません。

EXHIBITION

第8回セントラル サムホール絵画展 
おかげさまで『アルテージュ賞』を頂きました!!引き続き、セントラル画材本店1Fエントランスにて受賞作品展をご覧いただけます。9/12~17まで

注目絵画展

地元名古屋近郊の気になる絵画展をここでお知らせします。

日々思う小さなこと

足のサイズは?と聞かれると当然のように23と答えていた。ところが今履いてる靴のつま先がつかえる。どうやら小さいようだ。そうだ!頂いた商品券があることを思い出したので靴屋さんに行った。同じ靴の0.5センチ大きい靴を買うつもりが、ちょっと気に入ったのを発見。サイズが合わないので店員さんにちょうど良いサイズの靴を選んでもらうことに。すると22.5センチになってしまった!履き心地もそれでピッタリなのだ。あれ~?小さくて失敗したので大きい目が欲しかったのに逆になってしまった。だが、値段だけは大きめだ。商品券などというものがあるので、気持ちまで大きくなってしまったか!!
つま先に指一本というのがちょうどいい靴の大きさの目安だそうです。意外にメーカーによって靴のサイズなんてまちまちであてにならないらしい。気軽に履いてみてくださいよ~なんて言ってくれるのは良いが、それなら、全サイズ並べて置いておいて欲しいナア

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村情報

最新コメント

[09/20 yumi]
[09/18 遅咲きうさぎ]
[09/18 yumi]
[09/17 みの]
[09/13 yumi]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

フリーエリア2

Copyright ©  -- やっぱり!水彩画 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /