やっぱり!水彩画

楽しく水彩画を描いています☆

   

思い出の作品

実は私、ここのところ新作を描いていません。

そうです。ここのブログで発表しているのは教室で描いたものばかり。
しかも、途中で放り出したものまで、、、。

本当にすみません。

どうしてかと言いますと、
夏ごろから
展覧会に出す大きな作品を描かねば、描かねば、と、
気に病んでいるのですが
出来ず、
仕方がないので、制作活動は全部ストップして
作品に集中しようと決めたのですが
それでも、やっぱり全然できず、、、

今に至っております。

そんな中で、ついに、『申込書』なる物を
提出しなければいけない時期が来てしまい・・・

絵もないのに、号数と枚数とそして題名を適当に決めて、
この間投函してきました。

そうするとですよ、
今度は額とか運送の問題にぶち当たり、
そんなことをバタバタ考えている日々であります。
絵もないのに!



↑↑ 自家用車では運搬は無理と判断した図、
  後部座席にはのるものの額装をして、しかも2枚は無理と判断。


絵はいつ描くのでしょうね~~?
もう、余裕なんてこれっぽっちもないのです。焦っています


長い前置きはこのぐらいで、、、(^^ゞ


そんな訳で
新作が描けませんので

『思い出の作品を振り返ってみよう!!』

という企画を考えました~良かったら読んでみてくださいね (^o^)丿

今日はこの作品です。




これは
2009年8月4日にアップした作品です。
うさぎさんが可愛く描けたので気に入っています(^^)

この作品、どこが思い出かというと
葉っぱの描き方です。

葉っぱが飛び出したり凹んだりして見えるでしょう!?
それが自分でも「おお!」と思ったのですよ~

これはとても小さい作品なので葉っぱ一枚一枚塗ることが出来ず、
塊として一度全部塗ってから、
奥の葉や凹んだ部分を重ね塗りしたら
自然に立体感が出て
自分で驚いて
あ~こんな塗り方があったんだーと
知った作品だったのです。

当時は知らなかったのですが
この塗り方は
ネガティブペインティングと言い、
水彩画の最も基本的な塗り方だったのですね~

※ネガティブペインティングとは
周りを描くことで、その対象を浮き上がらせる画法のことで
重ね塗りのことではありません。念のため。










拍手[3回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

独創力がすごい

  • by みの
  • 2016/11/18(Fri)12:22
  • Edit
yumiさん 申し込みをされたら後はもう出来たも同然です ブログの事に患わされないで制作に邁進して下さい
この絵を描く時御自分で考えて画法を編み出されたとは驚きです 私は何も考えずに描くだけなので恥ずかしいです

ハイ、頑張ります!

  • by yumi
  • 2016/11/18(Fri)20:46
  • Edit
みのさん、なかなか思うように進みませんが、今が頑張り時だと思っています。
私は自分で画法を編み出したのではありません。水彩を描く人なら誰でもしていることを、この絵を描いて初めて、自分で意識したというだけのことです。余計なことを考えず無心で描くことが一番だと思います。

無心が良いかも

  • by 市田
  • 2016/11/19(Sat)04:19
  • Edit
作品の運送は 乗用車の屋根
上下に段ボールを敷いて 自転車の
荷造りのゴム紐使用 運転側
後ろの席の窓からゴムひもを通す
前面には風にあおられないように
ガムテープを貼る
もしかすると 車内の天井に浮かせることも
できるかも。
fbの水彩画を見ていると
驚くほどうまい人が沢山いることを知った
そして感動的な絵ほど 風景も良いのだ
絵描きの人は 自分のイメージに合った
感動的な風景を探して旅をしているのか
感動的な風景に出会って絵を描かされているのか
私にはわからないが 何人かの作家を見ていると
得意な分野を手がげているようだ

小説家の場合あるテーマを常に持ち続けていると
脳内で発酵されたストリーがひらめき
粗筋ができるらしいが 絵の場合
視覚に訴えるものだから
自分が感動しないと筆が進まないと思う

思い出作品 家に来る人達に
ほとんどの人が口にする
 え これ描いたもの 写真じゃないのと

感動する能力?

  • by yumi
  • 2016/11/19(Sat)14:55
  • Edit
市田さん、いろいろありがとうございます。
運搬の方も参考にさせていただきます。

絵は本当に面白いもので、上手いと思う絵と微笑ましい絵とカッコイイ絵などがあって自分が主張できる分野で頑張ればいいと思います。
上手いを比べて上を見ればきりがなく、私ぐらいの人は幾らでもいて、それが分かっているから今でも絵を描いていられるんだろうなあと思います。
もし誰よりも上手く描けてしまったら、これ以上頑張ろうなんて気には到底なれないだろうなあ~と思うからです。

いつもアイディアを考えている人は、ヒラメキの能力が養われて育つのでしょうね~、私にもそんな力が欲しいです。
実はスケッチに行っても描きたい場所に巡り合うことはなかなかないのです。これも絵になる場所を探す能力を育てなければいけないのかもしれませんね(^^)感動する能力かな?

EXHIBITION

私が参加している展覧会はここでお知らせします
津島市文化祭美術展にエントリーする予定です

注目絵画展

名古屋周辺の楽しみな展覧会を紹介しています
■中部白日会展 9/19~24 電気文化会館5F西ギャラリー ■長谷川和男水彩画展&教室展 9/27~10/3 ギャラリーチカシン

日々思う小さなこと

ついにお盆休み最終日になりました。お盆にやっておきたいことは絵を描く事以外に庭の草取りと、お風呂のカビ取り。庭の草はこの暑さで半分枯れかかっています(なんという暑さだ)が、すぐに元気を取り戻すでしょう、何とかせねば。でも時間が無いので仕方なく除草剤の力をかりることに。しかし、撒いてすぐに雨が降ってきたので効き目はないかもしれません( ;∀;)
次はカビ取り。私のやり方は、床用のワイパーに雑巾を取り付け、そこに風呂用カビ取り剤を噴射し壁や天井に塗り付けその後シャワーで流すというもの。そうだワイパーに取り付ける雑巾をいつも画材として使っている雑巾を使用しよう。汚れていてもどうせ漂白剤で白くなるハズ。風呂掃除は順調に進み、最後に水で流すと、カビの黒いのは取れたがその後が何故か青くなっている。そうか、雑巾に青い絵の具がべったりと付いていた。タイルの目地がところどころ青い。黒カビが青カビになったみたい。ブルーチーズみたいだ。なんて笑っていられないので、ブラシでゴシゴシ擦り少し色が薄くなった。やれやれ。 

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7
9 10 12 13 14
16 17 18 19 21 22
24 25 26 27 28 29
30

ブログ村情報

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

フリーエリア2

Copyright ©  -- やっぱり!水彩画 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /