楽しく水彩画を描いています☆
Admin | Write
合掌造りと水車小屋の絵は
水車小屋を少し直そうとしたのですが
上手くいかず、、、
というか
酷くなる一方でしたので
面倒になってしまって、
とっとと、額装して、発送まで一気に済ましてしまいました。
やれやれ。

------------------------------

ところで
昨日は、ある展覧会に行って
同じ場所の水車小屋の絵に出会って
ついつい見入ってしまいました。
それは今とは違う古い水車小屋でした。

作者の方のお話も聞いて
水車小屋が壊れて
放置されて
寄付などがあって
改築。今の状態になったことなどを
お聞きしました。

そういえば古い水車小屋
同じ場所を
私も描いていました~



2011/6/14

確か壁を黒く塗ったのですが、
一部、白っぽくなっていたように思います。
今思うと傷んでいたんですね~

この古い水車は
実際に働いていて
小屋の中では
米が搗かれていて、
小屋の中を見学もできたのだそうです。

『米をつく』懐かしい言葉です
確か、精米するという意味ですよね~
へえ~どういうシステムなんでしょう??急に興味が出てきました。

ところが、今は
水車は動いてはいるけれど、、、



小屋とつながっていないのです。
これでは仕事が出来ません。
そして、壁の側面だけが新しくなっていること、
真ん中に有ったはずの窓と、広すぎる石垣の土台を
考えあわせると、、、

小屋の右側3分の1が無くなっている!( ゚Д゚) と気付きました!!
こんな風になってしまったんですね。
評判がイマイチなのも納得してしまいました。
まあ、仕方がないことなんですけど。


------------------------------------


現在、私はあわただしく
次の教室展のDM制作に追われております。
なぜか、印刷物は得意だと勘違いされてしまったらしい。

他の会員さんの絵を使わせていただくのですが、
役得なので、私の絵も
チョイっと載せちゃおうかな~~(^^ゞ

ネットで印刷依頼が
ワードでも出来そうなので
頑張ってみよう~!!と張り切って挑んだんですが、
私はワードなんて
年に1度、文字打つ程度しか使わない
こいつ、手強い!!どうしよう。。。(^_^;)







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[5回]

ご苦労様です
yumiさん 水車小屋は古いままの方が趣があったのに、建て直して失敗ですね 水車と小屋が別物になって変です 絵の中では本当に米の搗ける水車にして下さるようお願いします
 教室展でyumiさんは大活躍の様でご苦労様です 皆さんに頼りにされる人徳の高い人だからとても立派です
みの 2017-04-28 (Fri) 18:28 Edit
予算はあったはずなのに。
みのさん、私はバカ正直でした。見たまま描いてしまいました。
この場所は東山動植物園で、今、80周年イベントを開催しています。私の知らない少しの間に水車小屋だけでなく、建物が建ったり、トイレの大改修が行われたりして、大変に綺麗になったらしいです。水車小屋だって、ちゃんと改修しようと思ったら出来たはずなのに残念です。まさか壊れると思ってもみなかったので予算が出なかったのかなと想像してしまいました。
yumi 2017-04-28 (Fri) 20:43 Edit
小屋が色変わる
写真を見る限り ゆみさんの描いた小屋がわかります
本当に正確だと思います みのさんが言うのは
少し朽ちかけた水車小屋 だから 屋根とか
水車に 苔の跡があるような状態だと思うのですが
この絵の最大の関心は 水面の状態と 春の息吹
私 市田は 絵はうまくありませんが 写真は
長くやっているので ゆみさんの画像を拝見して
素晴らしいと直感しました たぶん なっとくのゆくまで
写真を撮られるのだろうと思いました これは
非常に重要と思います 。
NONAME 2017-04-29 (Sat) 17:59 Edit
前は黒っぽかったですね。
市田さん、その様に解釈していただいて、嬉しいです。
建物は本当に難しいですね。手が言うことを聞いてくれなくて、思い通りの線が引けません(^_^;)
そうですね、絵になりそうだと思うと写真はたくさん撮ります。
でもこの頃は写真だけだと分からないことがあって、スケッチも必要だと思いました。スケッチすることで思い出せることがあるからです。取材は多い方が良いということでしょうね(^^)
yumi 2017-04-29 (Sat) 22:41 Edit
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
EXHIBITION
私が参加する展覧会はここでお知らせします
注目絵画展
名古屋周辺の楽しみな展覧会をここで紹介しています
日々思う小さなこと
(猫の話9)年始年末の休暇に入ると、一気に猫は家の中にいる時間が増えました。基本的に家族が家にいる時間は猫も家の中にいます。そして就寝の時間になると外に出されます。もう寒いので何ともかわいそうではありますが、仕方がありません。そのうちに小さなお留守番も何回か経験させてみました。キッチンに入れると途端に餌を漁る『泥棒猫』になりますので、リビングの狭い部屋に閉じ込めることになります。
ある日、夜の11時を回ったので猫を外に出して眠ろうとしましたが、外は雪が舞っています。ストーブを消してしまっても外よりは過ごしやすいはず、「まあ、いいか」とそのままリビングに閉じ込めたまま一夜を明かしました。それがどういう意味か私たち夫婦はよく解っていました。翌朝元気に外に出て行った猫はすぐに帰ってきて主人の膝の上で寝ています。本当にこれでいいのか?と猫に聞いてみたいけれど答えてはくれない。つづく
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ村情報
最新コメント
[04/17 yumi]
[04/17 みの]
[04/13 yumi]
[04/13 みの]
[04/11 yumi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
フリーエリア2

Designed by