やっぱり!水彩画

楽しく水彩画を描いています☆

   

笠井一男先生名古屋塾

笠井一男先生の名古屋講座に参加して来ました。

題して「風景水彩画プロの手順 なにを、どの段階で描くのか」

描く手順ってすごく悩むんです。
それに時々先生のブログを拝見したりして、とても興味深くて
申し込みました。

やや緊張して教室に入ったのですが、
先生のエプロン姿に和んでしまってリラックスでしました。

You Tubeの『水彩動画塾』をご覧になった方も多いと思いますが
先生はあのままの姿で話し方もまさにそのままだったのです。(当たり前)

デモンストレーションを拝見できたこともとてもよかったですが、
原画もあわせて見せていただき、最高に素敵でした。
本も持っているのですが、
原画は印刷とは比べ物にならないぐらい綺麗でドラマチックでした。

どうしてこんなに素敵なんでしょう。




私が持っている先生の本


デモンストレーションの最中に誰かが「書道みたい」と言いました。
それはラファエルの大きな丸筆で細かいところを描いている姿が
何となく習字の姿に似ていたのでしょう。
そうしたら、先生が
「似ていますよ、書は一発勝負で、直さないでしょ。
水彩画も同じで直しが利かない。直すぐらいならもう一枚描いた方が良い」

そうだ、先生の絵の美しさはそこにあるのだと思いました。
水彩画は触るごとに、汚くなっていく。
余計なことをしないから綺麗なのだ。

先生は描くのが早い!!
余った時間にあれやこれや
出来る限りの情報をくださったような気がしています。
そのサービス精神に感謝です。

筆のこと紙のこと絵の具のこと
そして、バリュー(バルール)のこと
バリューとは『価値』そして『明暗』という意味もある。
絵を最も魅力的にするもの(価値)は
明暗にこそあるのではないだろうか。

そうなのだ先生の絵がドラマチックに感じるのは
光を感じるからだと思いました。
明と暗がまさにドラマチックな演出をしているのだ。



教室は満席、みなさん上手い人ばかりでした


自分の絵はもう全く上手く描けずに
情けない限りだったのですが
とても清々しい気分で教室を終えることが出来ました。

これからの自分の課題も見つかったし、
先生のサインも貰ったし♪
本当に充実した時間が過ごせました。


~~~


今日は
先生が教えてくださった絵の具を買い求めようとしたのですが
綺麗に売り切れ。これは偶然か?

また、名古屋塾を開講していただきたいなあ~♪








拍手[5回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

私もエプロン姿に

  • by 市田
  • 2014/05/19(Mon)17:17
  • Edit
動画でいろいろ教わりましたが
出来ないのが私です
絵具の配置が 適当にやっている
それが だんだんまとまってくる
枝などを描く その速さと テクニック
私も筆さばきはすごいと思いました
墨絵の筆であっという間に人物を描ける
それは中国の人ですが
これを見て何時間も鉛筆でデッサンしていると
何が違うのか いろいろ 考えました
中国の絵描きは 水墨画の速さと
筆の使い方にかなりの技工と最高の技が
あります それはリアルということの技であり
しかし やっぱり凄いと思います

でも ゆみさんのように 丁寧で 控えめな絵が
私は好きです。
 しかし笠井さんに会って その制作過程を
見守るゆみさんの感動は 私にも伝わりました
創造の過程を 色鮮やか 筆の使い方
それらに感激できる ゆみさんの熱意と
そこに集まった生徒たちが ゆみさんを超える
腕だとか すばらしい日本の文化です
風景はいろいろな状態が重なるが
ゆみさんの花を描く 心は プロに負けない
美しさを表していると思います。

天才は努力である

  • by みの
  • 2014/05/19(Mon)18:24
  • Edit
yumiさん 何でも吸収しようとするyumiさんの意欲に感心します こうして勉強を怠らないから素敵な絵が描けるのですね 私も爪の垢を頂いて少しは真似しなければと、一瞬思うのですがどうしても本来の怠け癖の方が勝利してしまいます
yumiさんはきっと素晴らしい何かを捕まえたに違いありません ますます私から遠ざかるばかりで寂しいです

市田さんがきっかけです。

  • by yumi
  • 2014/05/19(Mon)22:58
  • Edit
市田さん、笠井先生の動画に出会ったのは市田さんのコメントがきっかけでした。なので市田さんに教わったようなものです。
私も出来ませんでした。目の前で先生が描いてくださるのにその通りに出来ません。手もその通りに動きませんし、頭も着いていけませんでした(笑)

こういった1日講座は、先生のデモを見て技を盗むのが主な目的なので、自分の個性を前面に出して主張する場所ではないと思っています。
先生の技を自分の絵にどう反映させるかは、これからゆっくりと自分の中で消化して身に着けていきたいと思っています。
自分らしさとか、自分の個性とか、(もしかしたら変わっていくのかもしれないけれど)常に意識して見失わない様に心がけたいと思っています。
市田さんが誉めてくださる植物の描き方も大事にしていきたいです。
でも、先生が仰る事、よく分かりすぎるぐらいに同感でしました。こういった方を師とすることが出来たら幸せだなあとも感じました。

ちょっと大人になりました

  • by yumi
  • 2014/05/19(Mon)23:13
  • Edit
みのさん、私の欠点はたぶん浮気癖だと思います。こうして新しい先生の技を見ると、反動で、混乱というか全然描けなくなります。それが解っているのに出かけたくなり、もう病気ですね。はたして自分のためになるか微妙ですが、先生の考え方が大筋、共感できたことがとても嬉しかったです。でも、それは今だからやっと思えることでもあるのです。昔の私には無理でした。やっと少し成長で来ました。

忘れていました

  • by 市田
  • 2014/05/22(Thu)17:45
  • Edit
思い出して すべては思い出せないが
ゆみさんの水彩画に対するおもいが
笠井先生の出会いだろうと思います
これほどしったってくる生徒はまま部位

ゆみさんにはゆみさんの好きなものと描いて
欲しい これも難しいよね
この日は快晴で 風景日和とか
市田も 同じこと繰り返す 
そういう年齢に 近づきあります
それは 死を恐れない 
自然の 営み神
しれません ゆみさんの絵から
沢山のことを今も 継続中です
特に ゆみさんの 平常心をなくさない
書き手の気持ちにの返信には感激です

無題

  • by yumi
  • 2014/05/22(Thu)23:17
  • Edit
市田さん、ありがとうございます。
私は、いろいろな水彩画家に憧れてしまって困ります。
素敵だなあ~という絵にもたくさん出会います。
なぜ素敵かというといろいろあって、それが個性なんだと思います。
笠井先生の絵もとても素敵で。大筋の考え方はとても共感できます。でも、私は笠井先生と同じ絵は描けないことを知っていますので、私は私の個性を追求すべきだと考えております。
しばらくは先生の影響を受けるかもしれませんが、だんだん本来の私の絵になっていくと思います。
この本来の私の絵というのが自分で分からないのが難点ですが(^^;

ありがとうございました。

  • by 笠井一男
  • 2014/05/26(Mon)23:33
  • Edit
ゆみさん、そして皆さんのコメント読ませていただきました。過分なお言葉、赤面しました。わたしもまだまだ駆け出しで、自らの課題は山のように有ります。多分死ぬまで解決しないことばかり。ただただ描いて前に進むだけです。^_^;

こちらこそ、ありがとうございました。

  • by yumi
  • 2014/05/27(Tue)07:18
  • Edit
笠井先生、私の方こそ、赤面です!了解もなくこんな記事を描いてしまいまして、すみません。でも、教室で感動したことを伝えたくなってしまいました。
やはり、デモンストレーションで実際に見せていただけたことはとても良い体験になりました。先生にもスランプがあるなんて信じられません。描いて前に進むだけなんて、先生らしくて素敵です。見習いたいです。

今後ともよろしくお願いします!

  • by 笠井一男
  • 2014/05/27(Tue)23:08
  • Edit
水彩画はプロもアマも関係なく切磋琢磨できるところがとても好きです。もっともっとたくさんの方々と水彩の面白さを共有できたらと思っています。(*^^)v

ありがとうございます

  • by yumi
  • 2014/05/28(Wed)07:27
  • Edit
笠井先生!何度も、このブログに来ていただいてこんな光栄なことはありません。ありがとうございます。
本当に水彩は面白いです。なかなか思うようにいかないから面白いですし、ひとそれぞれ描き方が違うところも面白いです。
これからもいろいろ刺激を頂きたいです。

EXHIBITION

私が参加する絵画展をここでお知らせします。
津島市文化祭美術展 平成29年11月2日~5日 津島市文化会館大ホール(津島市藤浪町3-89-10)私は小品を2点出品します。

注目絵画展

地元名古屋近郊の気になる絵画展をここでお知らせします。

日々思う小さなこと

「Facebookのこと」2 やがて徐々に友達が増えてくるにしたがって、ますます楽しくになってきた。情報が向こうからやってくるのですから。世界がが広がっていくような気がして興味深いのです。そして、ブログとは似ている点もあるけれど伝わる勢いが全く違っていて、私は急に恥ずかしくなり、自分のタイムラインから記事を大幅に削除し無ければならなくなった。
悩むのは友達リクエストに対して誰を友達にするかだ。基本的にアートに興味がある人というくくりを自分なりに決めていたのだが、それが意外に解りにくく、え~~どうしようと悩んで承認した人に限って、喜びのメッセージを頂いたりして、分からないものだなあとつくづく思うのであります。 でも今考えてみれば、友達にならなくても、イイネもコメントもフォローも出来る訳だから、その人からのコンテンツを受けたいかどうかの1点だけを考えればよかったなあと今更思います。つづく

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 7
8 9 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ村情報

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

フリーエリア2

Copyright ©  -- やっぱり!水彩画 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /