楽しく水彩画を描いています☆
Admin | Write

私の若いお友達から小さな絵が届きました。

348afb98.jpg


氷の中で

私は自由
空だって飛べる
何処にだっていける
でも、心は氷の中
閉じ込められたまま
何処にもいけない

なんちゃって・・これは私の文章です。
ついつい、言葉を付けてみたくなりました。


この絵をくれた子は
とても感受性の強いピュアな女の子です。
こんな雰囲気のある
絵をサラサラと描いてしまいます。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

拍手[0回]

詩人に変身
Yumiさん 今回は詩人として登場ですね
絵も氷の結晶のように透明で美しいのですが、
それに添えられた詩はなんと清らかなんでしょう
Yumiさんは言葉の手品師です
はるか彼方の彗星は氷の塊ですが、長い旅路の果てに地球に近ずくと流れ星となって降り注ぎます
その時閉じ込められていた心は溶けて姿を表します。 それを見た人はみんなその心のとりこになってしまうのです。
みの 2009-12-21 (Mon) 10:03 Edit
コメントに感動
みのさん素敵なコメントありがとうございます。
いつも身に余る言葉を頂き半分だけ受け取っても、充分な勇気を頂いています。
でも、今回のコメントは違います。ちょっと感動してしまいました。
この絵は自分で描いたものではありませんが少し前の私自信のような気がしています。氷から溶け出した心は確かに綺麗な光を放っていました。
yumi 2009-12-21 (Mon) 17:53 Edit
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
EXHIBITION
私が参加する展覧会はここでお知らせします
注目絵画展
名古屋周辺の楽しみな展覧会をここで紹介しています
日々思う小さなこと
(猫の話9)年始年末の休暇に入ると、一気に猫は家の中にいる時間が増えました。基本的に家族が家にいる時間は猫も家の中にいます。そして就寝の時間になると外に出されます。もう寒いので何ともかわいそうではありますが、仕方がありません。そのうちに小さなお留守番も何回か経験させてみました。キッチンに入れると途端に餌を漁る『泥棒猫』になりますので、リビングの狭い部屋に閉じ込めることになります。
ある日、夜の11時を回ったので猫を外に出して眠ろうとしましたが、外は雪が舞っています。ストーブを消してしまっても外よりは過ごしやすいはず、「まあ、いいか」とそのままリビングに閉じ込めたまま一夜を明かしました。それがどういう意味か私たち夫婦はよく解っていました。翌朝元気に外に出て行った猫はすぐに帰ってきて主人の膝の上で寝ています。本当にこれでいいのか?と猫に聞いてみたいけれど答えてはくれない。つづく
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 9 10 11 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ村情報
最新コメント
[04/17 yumi]
[04/17 みの]
[04/13 yumi]
[04/13 みの]
[04/11 yumi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
フリーエリア2

Designed by