やっぱり!水彩画

楽しく水彩画を描いています☆

   

制作の現場☆その2

前々回の続きです (^^♪

F30 『水車のある風景』(仮名)
の絵を描いています。

さっさと着色したいのに
まだ、下絵の段階を繰り返していました。



遠方にある水車をやたら詳しくデッサン(^_^;)

遠方ですので、きちんと描いちゃダメなんですが
すっきりと省略するにはきちんと描いた方が、、と思いまして。
でも、まだ歪んでいるような、、、、(;・∀・)


次にいつものようにマスキング (^^)
やり過ぎちゃうんですよね~~~



水車小屋と、水草だけの予定が
ついつい、入れ過ぎてしまいます(^^ゞ


そして、やっと
最初のウォッシュ!!

 






つづく。。。(=_=)








拍手[6回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

やはり丁寧ですね

  • by 市田
  • 2017/02/19(Sun)04:50
  • Edit
朝4時ちょっとすぎに新聞が来ているのに
来てない 外を見ると雪景色
残ったチョコ 消費期限はないと思うので
チョコ チョコ 口どけで味わえば
お口の中が絵の具ようで その色合いは
夢の中 断酒中の私は 時どき板チョコを
壊さないで 口の中で最後の消える瞬間を
味わっています。

 ちょっと気になる点 水車小屋の屋根の天辺に
屋根を抑えている材料が飛び出している
金属なら問題ないが材木だと朽ちると思った
水車の軸を覆っている屋根の様なのが普通と
思ったが現実に デッサンの様なので
仕方がないと思った。

見事ですね

  • by みの
  • 2017/02/19(Sun)10:10
  • Edit
yumiさん もう次の大作が始まったのですね yumiさんのほとばしるような創作意欲に感心します 良い作品を生むにはしっかりとした計算と準備が必要だと言う事がこのyumiさんの進め方を見て良く分かります 私が駄目な理由がそこにあります yumiさんは私の手本であり色々教わる先生です
またこの絵を拝見するのを楽しみにしています

屋根

  • by yumi
  • 2017/02/19(Sun)10:32
  • Edit
市田さん、チョコは少しづつ自分で頂くことにします(^^)
溶けていくチョコレートは絵の具のようでもありますね。

水車小屋なんですが、そうなんです。屋根を押さえている角材が飛び出しています。それが不可解と言えばそうですね。先に朽ちるのではないかという心配は私の問題ではないので、気に留めていなかったですが、そういう見方もあるのですね。面白いと思いました。

水車小屋の建物があまりにも無機質でつまらなく、唯一面白いと思っていたのが屋根からはみ出している角材です。ここは公園の中なので、小屋の方には予算が回らなかったのかなあ~なんて思ってしまいました。(^^ゞ

絵には見えないのですが、奥に合掌造りの建物があるんです。屋根の角度は60度。雪対策のためです。なのに、水車小屋の屋根の角度はあり得ません。私的にはこの辺りが納得いかないんです。絵なので、どうでもいいのですけど。

No Title

  • by yumi
  • 2017/02/19(Sun)10:38
  • Edit
みのさん、ありがとうございます。この絵は名古屋の水彩協会展に出すつもりです。これが最後になるような気がします(去年もそう言っていました)上手く描けると良いのですが。。。
どういう順番で描くのがいいのか?最初に悩みますが、結局どんな順序で描いても同じになるんです。計画通りにはいきませんね。
みのさんには良い先生が付いていますので、その先生だけを信じて描いてください。それが近道だと思います。(^^)

No Title

  • by ずっこ
  • 2017/02/20(Mon)07:53
  • Edit
コメントこちらから書き込めたのですね。
分からなくて、拍手する の方からコメント描きました。
今回、yumiさんのマスキングのプロセスが良く分かります。
国立新美術館の作品からも感じたのですが、下書きの段階から、何処にマスキングをかけて、どのような順番で、色合いで塗って行くという工程がきちっと出来ていないと、yumiさんの様な絵は描けないのだなあ。私の様に行きあたりあばったりでは駄目とつくずく反省。
ところで、チョコレートはどなたに差し上げる予定だったのかしら、気になります。

No Title

  • by yumi
  • 2017/02/20(Mon)23:47
  • Edit
ずっこさん、拍手の方も読みました。展覧会にも足を運んでいただいたようでありがとうございます。
ブログのテンプレートも頻繁に変えると戸惑いますよね。申し訳ありません。デザインが春仕様で季節限定っぽいですね。すごく気に入っているので、ずーと使いたいですが、でもコメントしにくいのは問題ですね~
水彩画は工程も必要かもしれませんが、それは二の次だと思います。
やっぱり大事なのは、観察力ですね。それさえあれば後はどうにでも出来ると思います。ずっこさんは十分に持っていますので自信を持ってください。
チョコは、旦那と息子(成人)の分で、バレンタインの熱にほだされて妙に可愛いのを買ったのだけれど、すっかり忘れてしまった。時期が外れるとこんなにシラケるとは思いもしませんでした。笑ってみんなで食べる雰囲気のチョコでもないし、、、自分で処分しようと思います。(^_^;)

EXHIBITION

第8回セントラル サムホール絵画展 
おかげさまで『アルテージュ賞』を頂きました!!引き続き、セントラル画材本店1Fエントランスにて受賞作品展をご覧いただけます。9/12~17まで

注目絵画展

地元名古屋近郊の気になる絵画展をここでお知らせします。

日々思う小さなこと

足のサイズは?と聞かれると当然のように23と答えていた。ところが今履いてる靴のつま先がつかえる。どうやら小さいようだ。そうだ!頂いた商品券があることを思い出したので靴屋さんに行った。同じ靴の0.5センチ大きい靴を買うつもりが、ちょっと気に入ったのを発見。サイズが合わないので店員さんにちょうど良いサイズの靴を選んでもらうことに。すると22.5センチになってしまった!履き心地もそれでピッタリなのだ。あれ~?小さくて失敗したので大きい目が欲しかったのに逆になってしまった。だが、値段だけは大きめだ。商品券などというものがあるので、気持ちまで大きくなってしまったか!!
つま先に指一本というのがちょうどいい靴の大きさの目安だそうです。意外にメーカーによって靴のサイズなんてまちまちであてにならないらしい。気軽に履いてみてくださいよ~なんて言ってくれるのは良いが、それなら、全サイズ並べて置いておいて欲しいナア

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村情報

最新コメント

[09/20 yumi]
[09/18 遅咲きうさぎ]
[09/18 yumi]
[09/17 みの]
[09/13 yumi]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Yumi
性別:
女性
職業:
パートときどき主婦
趣味:
馬場俊英さんの大ファン♪
自己紹介:
O型 おひつじ座
絵を楽しく描いています☆

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

フリーエリア2

Copyright ©  -- やっぱり!水彩画 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /